医薬品を準備しやすい|病気の症状が悪化する前に治療薬で治そう/通販を使った医薬品購入

病気の症状が悪化する前に治療薬で治そう/通販を使った医薬品購入

医薬品を準備しやすい

いくつかの薬

基本的に病気・症状を治療する場合、発覚してから病院に行って相談することになりますよね。
もし風邪のような病気であれば、それでも充分対処できるのですが、中には通院している時間さえ惜しい場合もあります。
例えば、避妊に失敗し、意図しない妊娠をしてしまう可能性がある場合です。

現在はアフターピルがあるため、もし避妊に失敗した可能性があったとしても、まだ希望は残されています。
避妊に失敗したと思われる性行為後、72時間以内にアフターピルを女性が服用すれば、体内のホルモンバランスを妊娠時の状態に変化させ、着床・受精・排卵を防いでくれるのです。
この3つのはたらきによってアフターピルはかなりの高確率で避妊を成功させてくれるのですが、100%成功するとは断言できません。
特に、いくら72時間以内に服用したとしても、タイムリミットギリギリに服用するのはオススメできません。
というのも、アフターピルは性行為後、なるべく早く服用すればするほど高い避妊率を発揮するからです。
24時間以内に服用した場合と72時間以内に服用した場合とで、避妊率に大きな差があることはすでに立証済みです。
そのため、もし避妊に失敗したと感じた場合、理想は直後にアフターピルを服用してしまうことです。

そのためにはあらかじめアフターピルを購入しておく必要があるでしょう。
しかし、産婦人科からアフターピルを処方してもらう場合、検査によって避妊に失敗している可能性があることを明らかにしてからでしか処方してもらえません。
前もって通院し、処方してもらうことができないのです。
それに比べ、個人輸入代行サービスの場合は、いつでも好きな時間に利用できる通販サービスですので、万が一の事態に備えてアフターピルを購入しておくことができますよ。

個人輸入で購入

処方された薬

個人輸入代行とは、海外から輸入した医薬品を販売している通販サービスです。ネット注文してしまえば、診察費や検査費を払う必要がなくなりますし、高額だった薬価も低価で購入できますよ。

ヘルペス治療もひっそりと

綺麗に並ぶ白い錠剤

ヘルペス感染が発覚した場合、いち早く治療を始めるべきなのですが、周囲にバレたくない一心で通院さえ拒む人がいます。個人輸入代行なら人目につかず治療薬が購入できるので、安心して自宅で治療を進められますよ。

医薬品を準備しやすい

いくつかの薬

アフターピルは避妊に失敗した可能性のある緊急時に活躍する避妊薬です。しかし、避妊率を最大限に高めるためには、なるべく早いタイミングで服用すべきです。そこで、通販を使い、前もってアフターピルを購入しておきましょう。

テーマ一覧

散らばる白い医薬品

「病気の症状が悪化する前に治療薬で治そう/通販を使った医薬品購入」のテーマ一覧です。

↑ PAGE TOP